群龍天に在り(webディレクターと歴史好きの雑記帳)

webディレクター兼雑誌記者の松平俊介が書いているブログです。

web技術者・web記者の松平俊介の江戸時代とweb技術についての雑記ブログです。web技術者の傍ら、雑誌記者として各種月刊誌・webメディア『ガジェット通信』に執筆してきました。 webの時事問題や、web制作、ウェブマーケティング、江戸時代史や『江戸しぐさ』批判などが主な執筆範囲。 これまで書いてきた主な記事→http://rensai.jp/author/touryuuuan

沼の中に南北朝がある

堅苦しい話が続いたのでネタ投稿。


沼の中に、南北朝が、ある 拾いにいくぉ!

アッ この沼、「深い」ッッボボボボボボボボッ!ボゥホゥ!ブオオオオバオウッバ!

だずげで!はまっ、ちゃボボボボボ!

たすけて!(佐藤)進(一)ちゃん!た す けドボボボボボボ!ボゥホ!

あみの(善彦)くん!ボボボボボボボボ

たすけて!(田中)義成ちゃん!(湯口)せいこおねえさん!!


バ ン デ ッ ド


ボボボボボボボボッボゥ!ボ!たすけてぇ!


この沼…深いから、深いッ!(トートロジー)ボボボボボボボボ

書評:藤井青銅『 「日本の伝統」の正体 』

読んでちょっと困ったなと思った。


要するにこの著者は「日本の伝統は大ウソ」と言いたいだけであり、細かな事実の考証はどうでも良いのかと思う。「○○はいつ始まった」と書いてあるがその典拠はどこなのか、なぜそう判断したのかほとんど書かれていない。これは懐疑論・偽史批判としては問題だと思う。辞書の記述を元にしたとすれば大問題である。辞書はしばしば誤っているから。

例えば「江戸しぐさ」の項目は原田実先生の労作『江戸しぐさの正体』の丸写し以上のものはほとんど無い。そういえば江戸っ子狩りについて全く触れていないのはどういうわけか。あれがあるから偽史なのである。

「武士道」の項目は安易な新渡戸武士道批判だけになっており、笠谷和比古氏らの近年の武士道研究の成果が全く生かされていない。
笠谷氏らの研究により、江戸時代に武士道という言葉が使われていた複数の用例があるのだが、
著者の藤井氏はそれに全く触れない。
新渡戸の武士道はまるで江戸しぐさのような創作実話であり、戦国~江戸時代の「武士道書」と全く異なることにふれないのはどんなものであろうか。

また、「初詣は明治以降の伝統」と書いているが、これも定義により遡りうることが可能である。私も人のことは言えない。この本の著者と同じような雑学記事を雑誌に書いて指摘を受けたことが有り再度勉強し直したから。

江戸時代の幕臣・屋代弘賢が諸藩に命じて各地の年中行事を調査させた『諸国風俗問状』には、複数の初詣の記録がある。これを見ると「初詣」という言葉は明治以降で新しいが、初詣の古い形である「おけら参り」「恵方参り」「二年参り」などはかなりアチコチでやっている。

秋田藩の記録には、

「元日、八幡詣。
元日、(藩士は)久保田城の鎮守の両八幡宮にお参りしてから登城する。城からも代参が出る」
大和高取藩の記録には、
「元日、祇園(現・高取町の素戔嗚命神社か?)に火を貰いに行きます。おけの火と言っています。おけら参りのなまりだと思います。伊勢国でも伊勢神宮に年末から『年取参り』をしているそうです。吉野山蔵王権現に大晦日の夜お参りして火をもらってくる人も居ます」

丹後峰山藩の記録には、
「正月2日、3日に恵方参りをする。吉方位の神社にお参りをする。そのやり方は他の地方と変わらないと町年寄たちから聞き取りをしました」とある。
(いずれも意訳、中山太郎編『諸国風俗問状答 : 校註』東洋堂に依った)

全体的に作りが雑なように思われる。

漢字をユダヤ人が作ったというトンデモ話

「と学会誌40」に寄稿させていただきました。

コミケの下記のブースにて販売されます。コミケに行かれる方はお立ち寄り頂き、
お手にとっていただければ幸いでございます。
 31日東ニ29b「と学会」 
 31日東テ32b「カラオケの艦隊」 
 31日東ナ60b「TDSF」 
 31日東ニ46a「暗黒通信団

私は漢字をユダヤ人が作ったというトンデモ話「漢字破字法」について書かせていただきました。

漢字の語源やらなにやらをご存知のかたからすればまさしく噴飯物の「漢字破字法」ですが、
「漢字の中にはキリスト教が隠されている」「漢字は中国人には作れなかった」などなど
トンデモ界隈ではわりかし人気があります。

「漢字破字法」は「船は舟と八と口だからノアの方舟に乗っていた八人の家族のことだ!」と、楷書体の漢字を分解して、聖書の暗号を読み解いてしまっているんです。
まぁ、金八先生風に「君たちいいですか〜。人という字はねぇ、ひとりの「人」がもうひとりの「人」を支えている字です。つまり、人と人が支え合ってるから人なんです。」というようなデマをバンバン飛ばしているだけなんですけどね。

なお最古の漢字解釈書・『説文解字』では「人」を「臂(ひじ)脛(すね)の形を象(かたど)る」とありまして人間を描いた象形文字です。だからかなり古い辞書でも「
ひとりの「人」がもうひとりの「人」を支えている字です。」という解釈はマジでありえない。ぶっちゃけありえない。

つまり、金八先生は辞書を引いていなかった。教育者として正しい態度なのか?
(最近では『辞書引き学習』というのもあるのですが)

詳しくは同人誌を読んでいただければと思います。
なお、漢字に詳しい方からすると「白川静を引用しないでなんで藤堂明保なんだ」と思われるかもしれませんが、『字通』の船の解字が本当にわかりづらいんですよ。言ってることほぼ藤堂先生と同じだしな。
(私は藤堂明保先生の不肖の孫弟子に当たります)

しかも若干トンデモっぽいんですよ白川静氏の解釈。

「『越絶書』(春秋時代の呉越の戦いを描いた史書)に、船を越では須盧(シュロ)というとある。我が国の「シュラ、シュシュシュ」のシュラは元、舟形のそりをいう語であろう」と白川氏はいうのですが、
俗謡「金毘羅船々」の
「シュラ、シュシュシュ」は運搬用のそりである「修羅」ですよね…

トンデモでトンデモを批判してはいけないので藤堂明保先生の解釈にしました。

ギャラリー
  • Q&A 原田伊織のサムライエッセー批判まとめ
  • 「現場の空気を感じれば歴史事実が浮かぶんだ!」原田伊織『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』の謎な箇所
  • 「現場の空気を感じれば歴史事実が浮かぶんだ!」原田伊織『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』の謎な箇所
  • 「現場の空気を感じれば歴史事実が浮かぶんだ!」原田伊織『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』の謎な箇所
  • 徳川将軍家は「王」だった?!ー徳川将軍家に贈られていた漢風諡号の謎~
  • 岩手・中尊寺のわんこそば
  • 岩手・中尊寺のわんこそば
  • 岩手・中尊寺のわんこそば
  • 上野「ちゅら海酒蔵」のチャンプル定食