群龍天に在り(webディレクターと歴史好きの雑記帳)

webディレクター兼雑誌記者の松平俊介が書いているブログです。

web技術者・web記者の松平俊介の江戸時代とweb技術についての雑記ブログです。web技術者の傍ら、雑誌記者として各種月刊誌・webメディア『ガジェット通信』に執筆してきました。 webの時事問題や、web制作、ウェブマーケティング、江戸時代史や『江戸しぐさ』批判などが主な執筆範囲。 これまで書いてきた主な記事→http://rensai.jp/author/touryuuuan

「現場の空気を感じれば歴史事実が浮かぶんだ!」原田伊織『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』の謎な箇所

原田伊織『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』(毎日ワンズ)という本を読んだが、「いやちょっとこれはなんなのよ」という所が多すぎるように思う。随時更新します。(ツッコミどころ多すぎるんだよね)

○歴史家は史料を読まなくても良い!その場にたたずめば皮膚感覚で史実が分かる!
原田伊織端書
まず『明治維新という過ち』の端書きから。
「私は元々書き物だけが資料だとは思っていない。京都・八坂通りの夕靄の中に佇めば、会津藩士や新撰組隊士が腰をかがめて長州のテロリストを求めて疾駆する姿が眼前に浮かび上がるだろう。

(中略)歴史を皮膚感覚で理解するということはその場の空気を感じ取ることだ。
な、なんですか?

「歴史現場に行って空気を感じれば歴史が理解できる?!」

超能力者かな?FBI超能力捜査官かなにかかな?

なお、この本を出した後アマゾンレビューがプチ炎上したので、それに対する釈明を続書『官賊と幕臣たち』で書いているんですけどこれもすごい。

「近年、何かにつけて一次資料だ、二次資料だと、参考資料に関することを批判、反論の材料とすることが”流行っている”ようにみえるが、余り益のあることとは思われない。

一次だ、二次だというのは、学者の世界の論文でいうことであって、歴史書全般について同じ形式や要件を当てはめる必要は全くないと考えている。

何故なら、単純にいって読者の方々が読みにくいからである


いや、何か壮大な勘違いをしているようですが、史学で史料批判とか史料の等級分けをするようになったのは最近じゃないですよ。等級わけは明治時代、史料批判は江戸時代の前期水戸学(徳川光圀=水戸黄門あたり)からですから、全然、近年ではないです。

この原田伊織氏という方、水戸学を徹頭徹尾バカにして「水戸学は狂っている」「水戸藩は愚劣と言えないほど愚劣な藩」とちょっと異常な言葉でけなし倒しているんですけど、水戸学は近代史学に色々貢献しているのにそれを全く理解しないでメチャクチャな話をするのはあんまりです。しかもその理由が、

「読者が読みにくい」

はすごい。呉座勇一先生の『応仁の乱』が売れている現在、あまりにも読者をバカにしすぎているんではないですか?それから「皮膚感覚で歴史を感じる」一種の超能力の話はどこへ?

  2,参考文献は時代小説。 原田伊織
原田伊織1
参考文献に司馬遼太郎「街道をゆく」がずらり並ぶのにはたまげました。あれも一種の小説だよねえ。佐藤雅美の時代小説というのもすごい。 北大路欣也がテレビ朝日でやっていた『八州廻り桑山十兵衛』の原作者ですよ?時代小説に出てきたことが全て史実と思っているのかな?

そもそも川路聖謨(かわじとしあきら)って膨大な日記を残した人なんですよ。平凡社から活字化されて東洋文庫として出ている。小栗上野介も蜷川新の史書や『小栗忠順のすべて』(新人物往来社刊)という入手しやすい史書が複数あるのになぜ時代小説を使うのか?

平成よ、これが徳川幕府旗本だー豊臣秀吉の孫、剣豪、青い目のサムライ、ゴッドハンドー

徳川幕府旗本については、小川恭一氏が『江戸の旗本事典』(講談社文庫)で出自から幾つかに分けているが、細分化されすぎて分かりにくいように思うので、小川氏の分類を元に私が以下の6種にまとめてみた。

1,関が原合戦以前の臣従(三河以来の旗本)
2,外様大名系
3,旧親藩藩士系
4,大奥関係
5,技能者系
6,御家人からの叩き上げ 

1,関が原合戦以前の臣従(三河以来の旗本)
いわゆる「三河以来の直参」などと言われる徳川家旧臣、譜代の旗本たちである。
厳密に言えば、「三河譜代」という分類はなく、安祥譜代・岡崎譜代・駿河譜代などに分けられるが、日光東照宮に家康とともに祀られた「徳川二十八神将」でもそれらの区別をしていない(なにしろ譜代筆頭の井伊家は駿河譜代だ)ので、どうも関ヶ原合戦以前の臣従者は一律で三河以来の旗本を名乗ってしまったらしい。
有名どころで言えば徳川四天王系の分家と大久保彦左衛門など。意外なことだが真田信尹もここに分類される(真田家は駿河譜代だったが、当主の昌幸が後に離反、真田信尹は徳川に残った為)。

やはり格式が高く、大岡越前守忠相・長谷川平蔵宣以・遠山金四郎景元といったいわゆる「名奉行」は徳川直参が多い。幕府中枢を担った人々であった。

2,外様大名系旗本
実はこれが意外と多いのですよ。どうも旗本というと「三河以来の旗本」以外イメージしづらいが、結構いる。
どういうわけか伝・豊臣秀頼の息子までいる[交代寄合の豊臣(木下)延次。大坂落城を逃げ延びて大分の豊臣残党・日出藩木下家に庇護されたというかなりウソっぽい伝承がある。実際は日出藩主の三男で分家した人物]。
秀吉の孫までいるぐらいだから、信長の子孫もいる。福島正則、柴田勝家の子孫もいる。ただ、やはり徳川直参に比べるとそれほど活躍していない。細々と血脈を保った、というのが多い。

3, 旧親藩藩士系
最近歴史学会で注目されているのがこのカテゴリ。というのは、徳川幕府を300年間存続させた原動力がここだと言われているからだ。

さて、徳川将軍は4代家綱までは直系相続できていたが、家綱が息子不在で死去すると、後継をどうするのか幕閣で議論になった。「宮様を京都からお連れしよう」という案まで出たが、「親藩の藩主で優秀な人を後継にする方がいい、分家とは言え血の繋がった男系子孫だ」ということで、館林藩主で成果を上げていた松平綱吉を後継者にした。これが徳川綱吉である。これ以降も「宗家が絶えると親藩から優秀な人を選ぶ」という制度が確立していく。

5代将軍・徳川綱吉←館林藩主・松平綱吉
6代将軍・徳川家宣←甲府藩主・徳川綱豊
8代将軍・徳川吉宗←紀州藩主・徳川吉宗
11代将軍・徳川家斉←一橋藩世子・一橋家斉
14代将軍・徳川家茂 ←紀州藩主・徳川慶福
15代将軍・徳川慶喜←一橋藩主・一橋慶喜(元は水戸藩主の七男)

さてこうなると、これらの親藩の藩士は「藩主が将軍になった場合、随行する」という形で旗本に転籍するのである。なかなか優秀な人が多く、柳沢吉保・荻原重秀・新井白石・有馬五郎左衛門氏倫など、有名人が多い(親藩時代に藩政改革で成果を出していた人が多いため)。

なお、明治政府になっても旧親藩藩士が明治新政府の財政を司っていたぐらいで、このカテゴリには財務官僚のパリパリが多い。

4,大奥関係
数は少ないが、春日局の縁者、桂昌院の縁者などが旗本になっている。

5, 技能者系
剣豪・棋士・西洋人・医師など、異能をもって特に召し抱えられた人々。
柳生但馬守宗矩、柳生十兵衛三厳、柳生又十郎宗冬の「柳生三代」、青い目のサムライとして知られるイギリス人の三浦按針、医師の緒方洪庵などがいる。

6,御家人からの叩き上げ 
幕末に多い人達で、勝海舟などがこれ。正確に言うと海舟の祖父・御家人の男谷平蔵が御家人から旗本・勘定に昇進、材木石奉行の末裔の勝家に平蔵の子・小吉が養子に入っている。 

漢籍紹介『通俗二十一史』

前回の「"不運"と"踊"っちまったんだよ的な文体はいつ生じたのか?~『通俗続三国志』・魯迅・吉川英治の流れ
でちょっと触れた、『通俗二十一史』について書いておきたい。これは、江戸時代に書かれた中国の歴史書の翻訳シリーズである。二十一史というと正史の翻訳みたいだが、必ずしもそうではない。
実は『三国志演義』にあやかって出された演義小説及び、日本人の漢学者が演義をまねて書いた「通俗物」と言われる中国歴史小説のシリーズなのであった。

まず、国立国会図書館のデータベースからシリーズの概要を引用しよう。
(http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001676246-00)

1巻 通俗十二朝軍談(李下散人)  通俗列国志 前編-一名・武王軍談(地以立)
第2巻 通俗列国志 後編-一名・呉越軍談(地以立)
通俗漢楚軍談(夢梅軒章峯,称好軒徽庵)
第3巻 通俗西漢紀事(称好軒徽庵) 通俗東漢紀事(称好軒徽庵)
第4,5巻 通俗三国志(湖南文山)
第6巻 通俗続三国志(中村昂然) 通俗戦国策(毛利瑚珀)
第7巻 通俗続後三国志(尾田玄古)
第8巻 通俗南北朝軍談(長崎一鶚) 通俗隋煬帝外史(煙水散人)
第9巻 通俗唐太宗軍鑑(夢梅軒章峯) 通俗唐玄宗軍談(中村昂然)
第10巻 通俗五代軍談(毛利瑚珀) 通俗宋史軍談(尾陽舎松下氏)
第11巻 通俗両国志(入江若水) 通俗宋元軍談(源忠孚) 鴉片戦志-原名海外新話(嶺田楓江)
第12巻 通俗元明軍談(岡島玉成) 通俗明清軍談(著者未詳) 髪賊乱志(曽根俊虎)

このシリーズの中で飛び抜けて有名なのが湖南文山『通俗三国志』で、要するに李卓吾本の『三国志演義』の「超訳」である。高島俊男氏らが指摘するように、忠実な翻訳ではない。ただ、江戸時代にはものすごいベストセラーであった。これに次ぐ人気だったのが『通俗漢楚軍談』で、横山光輝氏の漫画『項羽と劉邦 若き獅子たち』がこれに影響を受けたことでも知られる。

なお、三国与太噺さん が既に触れているように、(夢梅軒章峯、称好軒徽庵、湖南文山は、全員同一人物である。(天龍寺義轍・天龍寺月堂の兄弟)『通俗二十一史』全12巻のうち、実に4巻は天龍寺義轍・天龍寺月堂の兄弟が書いているのだからある意味すごい。日本文学史に残る兄弟作家ではないだろうか。

しかし、こうしてみると三国志、続三国志、続後三国志と「三匹が斬る!」のように三国志が続くのも異様である。日本人にとって中国史=三国志だったのがよく分かる。

なお、 通俗宋元軍談は日本人の漢学者が正史を元にオリジナルで書いた演義とされる。マカロニ・ウエスタンみたいなものだと思うのだが、どうも『元史』に引きづられたせいか非常におとなしくて中国人ぽいチンギスハンが登場するんだよなあ。
ギャラリー
  • Q&A 原田伊織のサムライエッセー批判まとめ
  • 「現場の空気を感じれば歴史事実が浮かぶんだ!」原田伊織『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』の謎な箇所
  • 「現場の空気を感じれば歴史事実が浮かぶんだ!」原田伊織『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』の謎な箇所
  • 「現場の空気を感じれば歴史事実が浮かぶんだ!」原田伊織『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』の謎な箇所
  • 徳川将軍家は「王」だった?!ー徳川将軍家に贈られていた漢風諡号の謎~
  • 岩手・中尊寺のわんこそば
  • 岩手・中尊寺のわんこそば
  • 岩手・中尊寺のわんこそば
  • 上野「ちゅら海酒蔵」のチャンプル定食