群龍天に在り(webディレクターと歴史好きの雑記帳)

webディレクター兼雑誌記者の松平俊介が書いているブログです。

web技術者・web記者の松平俊介の江戸時代とweb技術についての雑記ブログです。web技術者の傍ら、雑誌記者として各種月刊誌・webメディア『ガジェット通信』に執筆してきました。 webの時事問題や、web制作、ウェブマーケティング、江戸時代史や『江戸しぐさ』批判などが主な執筆範囲。 これまで書いてきた主な記事→http://rensai.jp/author/touryuuuan

「巣鴨のお地蔵さん」真性寺銅造地蔵菩薩坐像

巣鴨地蔵
(写真は筆者撮影、いつも香華の絶えない巣鴨のお地蔵さん)

「巣鴨のお地蔵さん」というと高岩寺のとげぬき地蔵を連想される方も多いでしょうが、
実はとげぬき地蔵像は秘仏で拝観することが出来ません。
巣鴨にはもう一つのお地蔵さんがおられます。それが「巣鴨・真性寺 銅造地蔵菩薩坐像」
(東京都有形文化財、昭和45年8月3日指定)です。 こちらは開門時間内であればいつでも
参拝することが出来ます。
このお地蔵さんは文化財指定書によれば高さ268センチという巨大な大仏で、江戸の街道の発端に
安置された「江戸六地蔵」の一つです。正徳四年(1714)に鋳物師の太田駿河守正儀が鋳造し、八百屋お七の彼氏と言われた(勿論伝説で史実ではない)地蔵坊正元が発願したものです。

ちょうど巣鴨は旧中山道の発端で、おばあちゃんの原宿として知られる「巣鴨地蔵通り商店街」はちょうど街道筋を走っています。とげぬき地蔵の高岩寺は1891年(明治24年)に湯島から移転してきた寺で、これで巣鴨にお地蔵さんを奉安するお寺が2つあることになりました。一応地元の人達の間では、「巣鴨のお地蔵さん」という時には真性寺銅造地蔵菩薩坐像、「とげぬき地蔵さん」という時には高岩寺本堂(国登録有形文化財)を指していますが、あまり厳密には区別されていないようです。

なお、門前市でやたらに売られている塩大福は、昭和20年頃に地元の商店主が埼玉の郷土銘菓「塩あんびん」を模して作り始めたものが広まったもので、江戸時代からのものではありません。

参考文献)東京都の文化財(東京都・編) 

webの仕事術…「お客様から案件をもらった時は質問しよう」

最近、webディレクションの仕事をしていて驚くのは、webデザイナーやコーダーの方々が得てして(いや、僕達ディレクターもそういう人はいるな…)、 「お客様は神様だから、言われたことは黙って何でもやる」 という思考を持ちすぎていることである。 私は営業マンも兼ねているので、営業技術ではここ最近「断るセールス」とか「営業はお願いせず、売ってあげるもの」というように言われているのを知っていた。ソリューションセールスでは極めて当たり前の手法である。 まさか、「お客様は神様だから、言われたことは黙って何でもやる」という古臭い昭和的な悪しき営業慣行が先進的なweb業界に残っており、「断るセールス」が浸透していないのに改めて衝撃を受けている。 営業の神様と言われた加賀田晃氏の名言を借りれば、 「自分が良いと信じたものを、相手のために断り切れない状態に誘導する」 のが正しい営業であり、「お客様は神様だから、言われたことは黙って何でもやる」というのはお客様のためにもならないのである。お客様の本来の意向もつかまえずに、「ハイ、出来ました」で持っていけばいいというものではない。お客様にも手間、自分たちの労働生産性も最悪になり、残業・徹夜を続けてしまうこの悪しき労働慣行を防ぐために、まずはお客様に「綺麗というと、さわやかな青系の写真を使って、文字は明朝斜体でまとめるという感じでしょうか?」などと提案を兼ねた質問をバンバン投げてみようではないか。

闇を斬る!大江戸犯科帳と史実(と大河ドラマ関係人物)

今CS時代劇専門チャンネルでやっているところの「闇を斬る!大江戸犯科帳」について、多少史実の時代劇とのすり合わせを備忘録的に書いておく。史実ではもっと濃いメンツが居たのになぜかそれらが全く出てこない微妙な時代劇である。

まず、この時代劇は徳川家斉の文化・文政年間にあったことになっている。ストーリーは、
幕末に近い文化・文政時代。長い権力の座と金権政治に慣れすぎた幕府の要人たちは、金満家たちと結託して、法の網をくぐって悪事を重ねていた。そんな悪に対して旗本三千石の大目付・一色由良之助(里見浩太朗)が闇奉行と称して立ち上がった。そんな一色に対して北町奉行・小笠原能登守泰久(西郷輝彦)は、法を守る町奉行の立場から闇奉行の存在を表向きには認めないが、いざ事件となれば影では一色を助け、二人は江戸に巣食う法で裁けぬ悪漢たちに立ち向かっていく!(http://www.jidaigeki.com/program/detail/jd00000242.html
というものである。
大変残念ながら、この時代劇の人物は主要人物は全て架空である。

里見浩太朗演じる主人公の大目付・一色由良之助だが、文政武鑑に

一色などという大目付は存在しない。 
この頃の大目付は朝比奈河内守など5名である。
更に言えば、町奉行にも小笠原能登守泰久なる人物は存在しない。

余談ながら、この頃の幕閣は大河ドラマクラスタ的には思わず吹いてしまうような布陣になっているので、以下に追記したい。
まず、御留守居役だが、
「黙れ小童ぁああ!!」(憤怒)
muroga

あの、真田丸でお馴染みの室賀正武の子孫・室賀山城守政頼である。

文政武鑑(室賀)

(国立国会図書館デジタルコレクション「文政武鑑」より)

その同僚が柳生十兵衛の子孫の柳生久通と、ゲヒ殿こと古田織部の子孫の中川飛騨守というのは、
どういう配列なんでしょうか。 老中は本多平八郎忠籌(ただかず)。本多忠勝の8代目の子孫。
大名火消は黒田甲斐守(下の名前未詳)。黒田官兵衛の子孫の誰かだと思う。 
 
ギャラリー
  • Q&A 原田伊織のサムライエッセー批判まとめ
  • 「現場の空気を感じれば歴史事実が浮かぶんだ!」原田伊織『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』の謎な箇所
  • 「現場の空気を感じれば歴史事実が浮かぶんだ!」原田伊織『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』の謎な箇所
  • 「現場の空気を感じれば歴史事実が浮かぶんだ!」原田伊織『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』の謎な箇所
  • 徳川将軍家は「王」だった?!ー徳川将軍家に贈られていた漢風諡号の謎~
  • 岩手・中尊寺のわんこそば
  • 岩手・中尊寺のわんこそば
  • 岩手・中尊寺のわんこそば
  • 上野「ちゅら海酒蔵」のチャンプル定食