群龍天に在り(webディレクターと歴史好きの雑記帳)

webディレクター兼雑誌記者の松平俊介が書いているブログです。

web技術者・web記者の松平俊介の江戸時代とweb技術についての雑記ブログです。web技術者の傍ら、雑誌記者として各種月刊誌・webメディア『ガジェット通信』に執筆してきました。 webの時事問題や、web制作、ウェブマーケティング、江戸時代史や『江戸しぐさ』批判などが主な執筆範囲。 これまで書いてきた主な記事→http://rensai.jp/author/touryuuuan

大河ドラマ「平清盛」ネット視聴率を計算する ネット視聴率速報値は31.6%

大河ドラマ「平清盛」が今日から放映された。中々良かった。
で、ビデオリサーチからの視聴率情報はまだ出ていない。
試みに簡単な多変量解析を行い、ネット上で検索している人と、2ちゃんねる掲示板で実況していた人の書き込み数を元として、簡単なネット視聴率(世帯視聴率)の速報値を計算してみた。

結果は31.6%。一般的な放送の2割台は越え、「家政婦のミタ」「紅白歌合戦」のようなお化け番組のような4割以上の数値より下ということで、大体妥当な数値ではないだろうか。野球中継やサッカー中継の大きい試合だとこのぐらいの視聴率は結構普通に出る。簡易的な統計に基づく演算に過ぎないからマーケティングには使えません。

一応、計算式が入ったエクセルファイルの画像を上げておきますので、ご興味が有る方は見てみてください。
エクセルファイルをあげられるところはどこかに無いですかね?
979b852f.png

古文観止(こぶんかんし)

古文観止(こぶんかんし)とは、漢文のジャンルの内「古文」の名作ばかりを集めた、いわば「漢文名作集」である。タイトルを今の日本の新書風に訳せば、「漢文、この名作は観(み)ておけ!」とでもなるだろうか。いわば、絶対に読んでおくべきだと編者が考えた文章ばかりを集めてあるのである。編者は清の呉楚才。成立は清の康熙三十四年(西暦1694年)。

成立年代の西暦1694年は、日本で言えば元禄7年、高田馬場で堀部安兵衛が助太刀をした年だ。ちょっと前のNHK正月ドラマにもなったからご存知の人も多いだろう。いわゆる高田馬場の決闘である。池波正太郎の名作「堀部安兵衛」が原作であった。

その前の年には新井白石が甲府藩に仕えている。藤沢周平が「市塵」で描写しているあたりである。

忠臣蔵の吉良邸討ち入りはこの8年後、という所から時代背景を察してもらいたい。

 儒者で言えば、古学の祖・伊藤仁斎は京都堀川の古義堂で弟子3000人に論語・孟子を講じつつあり、
前々年、元禄5年に千葉の茂原から江戸に出てきた荻生徂徠は、芝増上寺の裏、後の昭和三十年代に東京タワーが立って三丁目の夕日の舞台になる所の当たりで、知り合いの屋敷からもらってきた古文辞学の本を苦労して学んでおり、お豆腐屋さんからおからをもらって食いつないでいた頃である。

中国も康熙帝の御代、江戸時代の日本と同じくひどく平和であった。

春秋左氏伝、戦国策に始まり明の文章まで二百二十二篇を集めている。中国では非常によく読まれた本だが、日本では余り受けなかった、というよりほとんど無名の本である。なぜか。
既にこの頃、江戸では同様の古文名作集である、元の黄堅が編んだ「古文真宝(こぶんしんぽう)」が大流行しており、カチンコチンの人間をからかって、「古文真宝なやつだ」などというしゃれ言葉があったぐらいである。
それと内容が重複し、かつ「古文観止」の方が余り有名でない作品が多いのである。
例えば、この本が出て100年後の元文5年[西暦1740年]には、京都堀川の書店から「諸儒箋解古文真宝後集」(しょじゅせんかい・こぶんしんぽう・こうしゅう)という本が出ている。古文真宝に更に注釈をつけた本であるが、これは相当売れたらしい。この本は重版である。今でも神保町でたまにワゴンセールされているが、以前ついていた値段は500円だった。要するにたくさん売れたので骨董的な価値はゼロなのである。画像は早稲田大のホームページにある。
http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/i13/i13_00993/index.html

●古文真宝と古文観止
古文真宝と古文観止を比べると、なんと古文観止には南宋の文章がスッポリと抜けているのである。北宋もなぜか唐宋八大家以外はほとんど取っていない。朱子学関係は全て抜けている。朱子学で有名な張載(張横渠)の「西銘」「東銘」、周敦頤(周茂叔)の「愛蓮の説」が落ちている。これは意図的なものだろう。王陽明の文章が3つ入って朱子学関係が0というのは、わざと以外は考えにくい。呉楚才というヒトは隠れ陽明学者か何かで、当時おおっぴらにいえなかった陽明学を宣揚するために、わざとこのようなものを作ったのかと思うくらいだ。

周茂叔の「愛蓮の説」は日本人が割りと好きな漢文で、蓮の花を詠った文章として、良く読まれている。レンコンの和菓子のパッケージにこれを書いたものがあるくらいだ。これが落ちているとちょっと売れないだろう。その代わりに明代の方孝孺(ほうこうじゅ)の「予譲論」などが入っているのですね。予譲は史記に登場する刺客の一人。日本では全く人気がない。山本周五郎が予譲を徹底的にバカにした「よじょう」という、小説を書いているくらいである。これはダメでしょう。

神保町ブックフェスティバルで宋史文苑伝をゲットだぜ!!

本日まで神保町で行われていた、『神保町ブックフェスティバル』で、宋史文苑伝をゲットした。
宋史文苑伝表紙

これは何かというと、大東文化大学の教授だった原田種成先生が、文部省(現在の文部科学省)から科研費の補助を受けて行った、正史『宋史』の訳本である。このプロジェクトは、『宋史』本紀と、文苑伝の翻訳を行い、昭和48年から科研費の補助を受けて『宋史』本紀の訳を始め、全47巻を訳し、昭和54年に汲古書院より刊行している。
その後、大東大で研究を更にすすめ、宋史文苑伝を訳出し、昭和61年に刊行したものである。

なお、訳出といっても下の画像の通り、原文に返り点・送り仮名を付したいわゆる「訓点本」なので、現代語訳ではない。
111030_162442.jpg宋史文苑伝・葉夢得伝


画像は葉夢得伝の訳で、南宋の初期、金軍が南宋に攻め込んできた所。金軍総帥の完顔宗弼(兀朮四太子)と戦っている南宋の武将・葉夢得が、張俊に援軍を要請し、完顔宗弼を撃破する場面である。文苑伝は文人の列伝なので、こういう武張った話は珍しい。張俊は北方謙三氏の「楊令伝」にも出てくるので、おなじみかも知れない。
ギャラリー
  • Q&A 原田伊織のサムライエッセー批判まとめ
  • 「現場の空気を感じれば歴史事実が浮かぶんだ!」原田伊織『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』の謎な箇所
  • 「現場の空気を感じれば歴史事実が浮かぶんだ!」原田伊織『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』の謎な箇所
  • 「現場の空気を感じれば歴史事実が浮かぶんだ!」原田伊織『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』の謎な箇所
  • 徳川将軍家は「王」だった?!ー徳川将軍家に贈られていた漢風諡号の謎~
  • 岩手・中尊寺のわんこそば
  • 岩手・中尊寺のわんこそば
  • 岩手・中尊寺のわんこそば
  • 上野「ちゅら海酒蔵」のチャンプル定食