二十四史のうち、新唐書・新五代史の2つの撰者である欧陽修の新しい資料が発見されたそうだ。
以下、西日本新聞の報道。


欧陽修の書簡“発掘” 中国・宋代屈指の文人 「人柄知る資料に」 九大・東教授
(2011年10月4日 00:20)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/266560
 中国・宋代の文人、欧陽修(1007-72)の研究者である九州大大学院比較社会文化研究院の東英寿教授(中国文学)は3日、欧陽修の書簡96編を発見したと発表した。人物像を把握する貴重な資料として日中の研究者に注目されそうだ。欧陽修は詩人や政治家として知られ、唐から宋にかけて活躍した「唐宋八大家」の一人。高校の世界史の教科書にも登場する。(中略)


要するに、欧陽修の全集「欧陽文忠公集」には最古版本が3つあるが、そのうち天理図書館蔵のものは他の2つと違い、全集編纂後に加筆された部分があったことがわかったのだという。記事では、「天理図書館の原刻本を詳細に調べると、書簡96編が含まれていることが分かった。周必大が手掛けた全集は完成後も加筆されており、書簡96編も書き足されたと考えられる。書簡の内容を分析中の東教授によると、同時代に活躍した文人の蘇洵の作品を褒めるなど欧陽修の人柄がうかがえるという。」とある。

蘇洵は勿論唐宋八大家の一人で、蘇軾・蘇轍兄弟のお父さんである。元々欧陽修が蘇軾を指導していたことは、古く民国の林語堂も著書「蘇東坡伝」にも触れている。この報道を見て、本棚の奥にしまってあった、京都大学教授の清水茂氏がかつて訳した「唐宋八家文」(朝日文庫)を読み直しているところである。清水教授によれば、「欧陽文忠公集」は、中国の文人の個人全集としては最初に出来たものであるという。というより、この「唐宋八家文」の欧陽修の部分の底本はそのものずばり、今回、九大の東教授が発見した書簡が含まれている天理図書館蔵本ではないか!

なお、清水教授によれば、この天理図書館蔵本は伊藤仁斎の旧蔵だったそうである。