少し政界のきな臭い話が続いたので、少し趣を変えたい。

浅草のパワースポットというと今戸神社、浅草寺本殿、待乳山聖天宮という所が主だったところだが、
知られざる、いい気を発しているのに殆ど知られていないパワースポットがあるので、
少し天機を漏らしてみたいと思う。ご利益というのは独占すべきではなく平等にすべきだと思うのである。
これらのスポットは、どちらかというと霊能者とか占い関係の方といったような、プロの方が
霊力を上げるためにお参りしていることが多いようなので、参拝時にあまりはしゃがないようにして欲しい。

◎浅草寺内・パワースポット

1,銭塚地蔵尊
2ちゃんでも有名な某仕手筋の方が熱心に信仰したり、華僑系の信仰が篤い特異なパワスポである。
ズバリ埋蔵金伝説があるお地蔵様ということで、ご利益は無論商売繁盛一筋。場所は浅草寺西側を
ちょっと出た所。露骨に金儲けの気が出てくるところだから、女子に多い山ガール系の人たちからすると
嫌悪感があるパワーだと思う。女子向けの本で取り上げられているのを見たことがないwww
でも、金の苦労をしたことのないお嬢様には分からぬ所もある。それはそれでいい。

2,金龍権現・九頭竜権現
箱根の九頭龍神社と同一の神、ご利益も同一なのだが、あっちのほうが宣伝がうまいので、
ここにお参りしている人は
まあ、分かっている人である。箱根九頭龍神社も良い神社だが、ツアーで皆で行くとご利益というか
気が散じるように思われるので、一人でここにいったほうがいいのではないかね。場所は影向堂前。

3,浅草寺本殿裏観音
浅草寺本殿の右脇から靴を脱いで上がると、本殿の不動明王・愛染明王・観音菩薩像にお参りできる。
ここは本当に熱心な人しかお参りしていないので、一人で観音経を読経したりしている方とか、
五体投地礼が見事すぎておどろく方とか、プロの方以外は余りお参りしないように思われる。
ここの仏像は美術品ではなくまさしく信仰の対象なのだ。くれぐれも粗相がないように。
パワーについては、無論相当なものであると自分の体験から言える。

4,浅草神社
本殿の額を書いたのは源慶永こと松平春嶽公(坂本龍馬のパトロンだった方で、財政通で鳴らした。明治新政府には財政通がほとんど居なかったので、春嶽公と部下の由利公正が居なければやばかったのではないかという史家もいるほどだ)
なので、この額もパワーがかなりあると思うのだが、ほとんど話題にしないのはなんなんでしょうね。あんだけ龍馬、龍馬言ってるんだから、龍馬のボスにも敬意を払うべきじゃないのかね)

5,被官稲荷神社
浅草神社の裏。某放送プロデューサーのはなしによると、地元民が崇拝していることが著しいという。