これは、論語八佾(イツ)編の古註(論語集解)が出典である。
「季氏、泰山に旅す。子、冉有(ぜんゆう)に謂いて曰わく、女(なんじ)救うこと能わざるか。対えて曰く、能わず。子曰わく、嗚呼、曽て泰山を謂うこと、林放の如くならざりしか。」(訓読は宮崎市定博士に従う)という本文の注に、
「包曰く、神は非礼を享(う)けず」と出てくるのである。