「濃陽諸士伝記」斎藤氏由来には、「斎藤氏の子孫」として多数の姓氏を上げているが、その中に、「松波」があることは殆ど知られていない。

 元々美濃斎藤氏も出自が言うほど定かな家ではない。 「濃陽諸士伝記」も「いつの頃だか知らないが土岐の家臣になった」というほどで、一応、藤原利仁の子孫で長井の斎藤を称したというが、詳しい出自は以外なほどわからないのである。なんとなく土岐氏の守護代になったというだけの人々である。有名な斎藤妙椿以降の系図も混乱しており、斎藤妙椿と斎藤利三らとのつながりも不明である。『寛政譜』では斎藤妙椿と斎藤利三は無関係とし、斎藤利三の先祖は斎藤実盛で、先祖代々美濃に住み、土岐氏に使えていたとあるばかりである。

 そもそも斎藤利三の父・斎藤利忠が「阿波に移る」とあるのは一体どういうことなのだろうか。斎藤利三の妹が長宗我部元親の妻であることはよく知られているが、司馬遼太郎の小説「夏草の賦」では長宗我部元親が美濃の先進性にあこがれてわざわざ斎藤利三の妹を妻にしたいと遠路はるばる使者を立てたという話を作っているが、眉唾ではないか。阿波にいた妹と土佐の元親が単に結婚しただけなのかもしれない。

「江濃記」などによると、松波庄九郎、後の長井豊後守利隆(新左衛門尉?)の子・長井正利が「斎藤道三(秀龍?)」を名乗る前に、既に断絶していたようだ。

司馬遼太郎の小説「国盗り物語」ではあたかも美濃斎藤氏が大変な名門であり、素浪人の松波庄九郎が権謀術数の末に乗っ取ったように書いていたが、単に美濃斎藤の分家である松波氏出身の長井豊後守利隆が、力をつけて本家の斎藤氏を継いだだけだったのかもしれない。だとすれば織田信秀が織田の本家を継いだのと対して変わらないのではないか?