「十七史百将伝」は北宋の兵法家・張預が選んだもので、正史十七史から百人の武将を選んだものである。田中芳樹氏の「中国武将列伝」などの魁とも言えるものであろう。
取り上げられている人物は以下のとおり。時代は私の方で便宜上区切ったもので原書にはない。

こうして並べてみても分かるのだが、やはり 田中芳樹氏「中国武将列伝」とは選定基準が全く違うようだ。まず軍師を武将とみなしているから諸葛亮も司馬懿も武将扱いである。それから、元々元・明・清がないせいか、光武帝の配下と三国時代の武将が多い。

<先秦>
齊太公(太公望呂尚)、孫武、范蠡、孫ピン、田穰苴、呉起、白起
王翦、樂毅、李牧、趙奢、廉頗、田單
<前漢> 
張良、韓信、周亞夫、李廣、衛青、霍去病、趙充國
陳湯、馮奉世
<後漢> 
鄧禹、寇恂、馮異、岑彭、賈復、呉漢、耿エン、耿恭
王霸、臧宮、祭遵、馬援、班超、虞ク、皇甫規
張奐、段紀明、皇甫嵩、朱雋
<三国> 
張遼、張コウ、徐晃、李典、鄧艾、司馬懿(仲達)、
諸葛亮(孔明)、關羽、張飛、周瑜、呂蒙
陸遜、陸抗、羊コ、杜預、王浚
<東晋十六国・南北朝> 
馬隆、周訪、陶侃、謝玄、慕容恪、王猛
檀道濟、王鎮惡、韋睿、王僧辯、呉明徹
崔浩、于謹、斛律光、宇文憲、韋孝寬
<隋唐>
楊素、長孫晟、韓擒虎、賀若弼、史萬歳
李孝恭、尉遲恭、李靖、李勣、蘇定方
薛仁貴、裴行儉、唐休璟、張仁願
王晙、郭元振、李嗣業、李光弼
郭子儀、李抱真、李晟、李愬
馬燧、渾カン、王忠嗣、劉鄩、劉詞