李白は有るジャンルでは傑出していて群拔を抜いている。しかし有るジャンルでは杜甫に続いて上手なれども、杜甫よりは劣りたる処がある。ここらが文の妙処と云ふものぢゃ。」(by服部南郭「唐詩選国字解」)

東京下町の人々は時代劇を見るのを楽しみにしていた。「聞き書 東京の食事―日本の食生活全集」( 農山漁村文化協会)はイデオロギー臭がなく、東京下町の生活を愚直に記した書として大変尊いものであるが、「正月になると時代劇映画を見に行きます」というのが年中行事として書かれている。時代劇の歴史くらい大事なものもなかなかないのである。しかしこれを書くのも大変難しい。時代劇は星の数ほど有る。そしていまも少ないながら作られている。生きている伝統文化である。甚だ困難であるに相違ない。

川本三郎「時代劇ここにあり」はそれに挑んだ作品である。結局こういうのは「唐詩選」「三体詩」と同じで、どれを取るかに依って本の値打ちが決まる。この本は全善全美とまでは言えないが、かなり其の所を得ている。要するに良く出来た時代劇史である。

時代劇ここにあり
川本 三郎
平凡社
2005-10


アマゾンの書評から収録作品を引用すると…

血槍富士 内田吐夢
関の彌太ッペ(関の弥太ッぺ) 山下耕作
荒木又右衛門 決闘鍵屋の辻 森一生/黒澤明
十三人の刺客/大殺陣/十一人の侍 工藤栄一(これを入れないと話にならない)
座頭市物語 三隅研次
薄桜記 森一生/伊藤大輔
切腹 小林正樹
股旅 市川崑
ひとごろし 大洲斉
新撰組始末記 三隅研次
下郎の首 伊藤大輔
侍 岡本喜八
暗殺 篠田正浩
城取り 舛田利雄
子連れ狼 三隅研次
吶喊 岡本喜八
宮本武蔵 一乗寺の決斗 内田吐夢
宮元武蔵 巌流島の決闘 内田吐夢
忍びの者 山本薩夫
十七人の忍者 長谷川安人
上意討ち 拝領妻始末 小林正樹
股旅 三人やくざ 沢島忠
六人の暗殺者 滝沢英輔
三匹の侍 五社英雄
眠狂四郎勝負 三隅研次
斬る 三隅研次
鳳城の花嫁 松田定次
酒と女と槍 内田吐夢
沓掛時次郎・遊侠一匹 加藤泰
鍔鳴浪人 荒井良平・・・1939年版。内出好吉の1950年版とは別
赤毛 岡本喜八
地獄の剣豪 平手造酒 滝沢英輔
月形半平太(1956) 衣笠貞之助
不知火検校 森一生
反逆児 伊藤大輔
佐々木小次郎(1967) 稲垣浩
いのちぼうにふろう 小林正樹
椿三十郎 黒澤明
用心棒 黒澤明
冷飯とおさんとちゃん 田坂具隆
獣の剣 五社英雄
中山七里 池広一夫
たそがれ清兵衛 山田洋次
ひとり狼 池広一夫
真剣勝負 内田吐夢
柳生武芸帳 稲垣浩
十兵衛暗殺剣 倉田準二
雨あがる 小泉堯史/黒澤明(原案)
二人の武蔵 渡辺邦男
瞼の母 加藤泰・・・稲垣浩「番場の忠太郎 瞼の母」、中川信夫「番場の忠太郎」
真田風雲録 加藤泰
忍びの者 霧隠才蔵 田中徳三
独眼竜政宗(1959) 河野寿一・・・大河ドラマではなく映画版(ただし大河ドラマはこの作品を時代考証してリメイクしたような所がある)
暴れん坊兄弟 沢島忠
草間の半二郎 霧の中の渡り鳥 内出好吉
戦国野郎 岡本喜八
幕末太陽傳 川島雄三
風の武士 加藤泰
御金蔵破り 石井輝男
無宿人別張 井上和男
五瓣の椿 野村芳太郎/井手雅人
鞍馬天狗 角兵衛獅子 大曾根辰夫
鞍馬天狗 天狗廻状 大曽根辰夫
道場破り 内川清一郎
続・道場破り 問答無用 菊池靖/松野宏軌/内川清一郎
座頭市 血煙り街道 三隅研次
新座頭市 破れ!唐人剣 安田公義
大忠臣蔵 大曾根辰夫
新撰組 沢島忠
鞍馬天狗 鞍馬の火祭り 大曾根辰夫
大殺陣・雄呂血 田中徳三
斬る 岡本喜八
狼よ落日を斬れ 三隅研次
宮元武蔵/続宮元武蔵 一乗寺の決斗/決闘巌流島 稲垣浩
博徒ざむらい 森一生
浮かれ三度笠 田中徳三
忍びの衆 森一生
第三の影武者 井上梅次
雪之丞変化 市川崑
河内山宗俊 山中貞雄
丹下左膳餘話 百萬兩の壺 山中貞雄
丹下左膳 乾雲の巻・乾竜の巻・昇竜の巻 マキノ雅弘
丹下左膳 乾雲乾竜の巻 マキノ雅弘
仇討崇禅寺馬場 マキノ雅弘・・・正博時代の「崇禅寺馬場」のリメイク
人情紙風船 山中貞雄
隠し剣 鬼の爪 山田洋次
風と女と旅鴉 加藤泰
剣に賭ける 田中徳三
剣鬼 三隅研次
七人の侍 黒澤明(これを入れないと話にならない)

黒澤明あり、工藤栄一あり、真田あり、伊達あり(この両者は戦国時代の伝統的な二大ヒーローである)、丹下左膳、雪之丞あり、柳生十兵衛も有る。新しいもので藤沢周平作品もある。大方の名作は取られているであろう。ただ池波正太郎作品には取られていないところが多いのが遺憾である。 

これを書きながら中村吉右衛門主演の「鬼平犯科帳」を見ているのであるが、蟹江敬三演じる小房の粂八というのは関の宿場育ちの母親を知らない渡世人。「関の弥太っぺ」をオマージュしたキャラなのですね。そして、粂八と酒を飲みながら吉右衛門の端正な殿様が「ワシもその母の名を知らぬ」というところを言うのがキーになっている。結局これは下層民に対する天皇家のオマージュなのではないか。長谷川平蔵
宣似は贈正二位鎮守府将軍・藤原秀郷を祖とする長谷川氏下河辺氏流で、遡れば藤原魚名の系統であるという。大和国長谷川に住んだため、長谷川氏を名乗ったという名家。長谷川平蔵は本名藤原宣似、レッキとした藤原氏の子孫で天皇家の外戚なのである。

こういうことがわからないと時代劇を見ても魅力が半減する。これを読むとそれが少し分かるのである。類書は少ない。労作と言っていい。こういう本で少しでも日本文化の奥深さを知ってもらいたい。