新年明けましておめでとうございます。

新年早々、こういう話題が出ていたのでちょっと調べてみた。

"不運"と"踊"っちまったんだよ…特殊なルビが海外では「DEEP-FURIGANA」と呼ばれて悩みの種らしい

  実はこの特殊ルビ、ネット上ではマンガ『特攻の拓』などでやたらに使われていることが話題になっているが、これに限らずラノベなどでも大変おなじみの表記である。

DEEP-FURIGANAの他、「義訓」(ぎくん)ともいうそうだ。

この表記の古い例は、中国の文語体演義小説を翻訳した「通俗物」(つうぞくもの)と言われるものに頻出する。 例えば、以前にも記事にした通俗二十一史の一つ『通俗続三国志』ではDEEP-FURIGANA(義訓)が以下のように出てくる。

「晋の中護軍司馬雅……真一文字に殺(キ)って入る
謀事(ハカリゴト)
「ようやくに草命(イノチ)を脱(マヌガ)れ得たり
「趙王が曰く、此計(コノハカリゴト)甚だ妙なり」
商議(ハカリゴト)

『通俗続三国志』は江戸時代の宝永元年(1704年)に訳されたもので、この本は相当普及したらしい。なお、『通俗続三国志』の元ネタは明の酉陽野史(ゆうようやし)の演義小説『三国志後伝』である。

明治に入ると『通俗二十一史』の一つとして早稲田大学出版部から出版され、昭和の戦時中ぐらいまでは読者がかなりあったようだ。

例えば外務官僚の故・岡崎久彦氏の回想によると、『通俗二十一史』は岡崎氏の幼少時の愛読書だったそうである。(1)

(1)http://bungonosono.or.jp/Okazaki3/33.htmlによる。 なお、『通俗続三国志』については三国与太噺さんが詳しい。本稿でも参考にさせていただいた。

この、「通俗物」(つうぞくもの)の影響が漢文及び現代中国語小説の翻訳にも影響し、更にそれが日本の戦国時代の時代小説にまで影響していくのである。時代小説は演義小説の影響下に成立しているから。

幾つか例をあげよう。 例えば魯迅の現代日本語訳でもこのDEEP-FURIGANA(義訓)はよく使われている。

魯迅『阿Q正伝』の井上紅梅[1881年(明治14年) - 1949年(昭和24年)]訳より
「ずいぶん蒼蝿(うるさ)い」
羅馬(ローマ)字」
郡望(まつり)
「今度こそ阿Qは凹垂(へこた)れた」
青竜四百(ちんろんすーぱ)!」
井上紅梅は大正・昭和期の中国文学者で、麻雀のルールを日本に紹介したり、魯迅作品の翻訳をしたりした。「当時最大規模の明代白話小説集『今古奇観』の翻訳を刊行し、他にも『金瓶梅』『儒林外史』の翻訳も確認されるなど、中国小説の受容におけるパイオニアとして多大な貢献をしている」(2)人物である。

この翻訳は1932(昭和7)年11月18日に出版された改造社版『魯迅全集』が底本。(3)

(2)勝山稔『改造社版『魯迅全集』をめぐる井上紅梅の評価について』東北大学中国語学文学論集 第16号(2011年11月30日)より引用。
(3)青空文庫の刊記より。

その後の吉川英治『黒田如水』(初出は「週刊朝日」朝日新聞社、1943(昭和18)年1月~8月)にもしばしばDEEP-FURIGANA(義訓)が出現する。

ただし、『通俗続三国志』や井上紅梅訳『魯迅全集』に比べるとDEEP-FURIGANA(義訓)の出現頻度は相当落ちる。恐らくこのあたりがDEEP-FURIGANA(義訓)の日本文学での末期ではあるまいか。
吉田城へ質子(ひとじち)を入れられよ
其許(そこもと)
悪戯(いたずら)ざかり
コノ若殿、魁(サキガケ)御在(オワセ)
与君一夕話(きみにあたういっせきのはなし)
このように並べていくと分かるように、用例の殆どが漢文や現代中国語を翻訳しようとした結果として、漢文書き下しをフリガナにしてしまったり、現代中国語をいきなりフリガナ(いわゆるカタカナ中国語)に置き換えてしまうために生じたものである。
これらの文体は現代日本語の文が洗練されていくに従って徐々に消滅していった。

DEEP-FURIGANA(義訓)に恐らく決定的な打撃を与えたのは当用漢字の制定と現代仮名遣いの普及であろう。当用漢字制定時に訓読みも相当制限され、これまでのような自由な訓読みができなくなったのがDEEP-FURIGANA(義訓)の衰退を促進したのではあるまいか。

さて、DEEP-FURIGANA(義訓)は逆になぜ文学作品から姿を消し、ラノベやマンガにだけ残ったのか?

ここからは筆者の推測であるが、恐らくこんなことがあったのではないだろうか。 戦後の文化の中で、外国語の翻訳から影響を受けた最も大きいジャンルはSF小説である。

そして、SF小説の翻訳時にDEEP-FURIGANA(義訓)が多用され、それがSFの影響を受けたラノベに残存したのではないか。

また、呉智英氏などが指摘するように、「不良の漢字好き」が昭和の文化としてあり、そういう人々が吉川英治『三国志』などの影響でDEEP-FURIGANA(義訓)をよく用い、それがヤンキー文化として残った……ということではあるまいか。

以上、まだまだ用例数も少なく推測も多いが、一応考えてみた。