「と学会誌40」に寄稿させていただきました。

コミケの下記のブースにて販売されます。コミケに行かれる方はお立ち寄り頂き、
お手にとっていただければ幸いでございます。
 31日東ニ29b「と学会」 
 31日東テ32b「カラオケの艦隊」 
 31日東ナ60b「TDSF」 
 31日東ニ46a「暗黒通信団

私は漢字をユダヤ人が作ったというトンデモ話「漢字破字法」について書かせていただきました。

漢字の語源やらなにやらをご存知のかたからすればまさしく噴飯物の「漢字破字法」ですが、
「漢字の中にはキリスト教が隠されている」「漢字は中国人には作れなかった」などなど
トンデモ界隈ではわりかし人気があります。

「漢字破字法」は「船は舟と八と口だからノアの方舟に乗っていた八人の家族のことだ!」と、楷書体の漢字を分解して、聖書の暗号を読み解いてしまっているんです。
まぁ、金八先生風に「君たちいいですか〜。人という字はねぇ、ひとりの「人」がもうひとりの「人」を支えている字です。つまり、人と人が支え合ってるから人なんです。」というようなデマをバンバン飛ばしているだけなんですけどね。

なお最古の漢字解釈書・『説文解字』では「人」を「臂(ひじ)脛(すね)の形を象(かたど)る」とありまして人間を描いた象形文字です。だからかなり古い辞書でも「
ひとりの「人」がもうひとりの「人」を支えている字です。」という解釈はマジでありえない。ぶっちゃけありえない。

つまり、金八先生は辞書を引いていなかった。教育者として正しい態度なのか?
(最近では『辞書引き学習』というのもあるのですが)

詳しくは同人誌を読んでいただければと思います。
なお、漢字に詳しい方からすると「白川静を引用しないでなんで藤堂明保なんだ」と思われるかもしれませんが、『字通』の船の解字が本当にわかりづらいんですよ。言ってることほぼ藤堂先生と同じだしな。
(私は藤堂明保先生の不肖の孫弟子に当たります)

しかも若干トンデモっぽいんですよ白川静氏の解釈。

「『越絶書』(春秋時代の呉越の戦いを描いた史書)に、船を越では須盧(シュロ)というとある。我が国の「シュラ、シュシュシュ」のシュラは元、舟形のそりをいう語であろう」と白川氏はいうのですが、
俗謡「金毘羅船々」の
「シュラ、シュシュシュ」は運搬用のそりである「修羅」ですよね…

トンデモでトンデモを批判してはいけないので藤堂明保先生の解釈にしました。