検証「底辺校出身の東大生」著者の父親は結局小学校に行ったのか行かなかったのか。

おかげさまで結構バズりました。昨日のPVが2,623。 てなわけで、今日は続編。 「底辺校出身の東大生」著者の父親の経歴が謎すぎるのである。阿部幸大氏は、どうもいろいろ隠しているのではないかと思う。 「底辺校出身の東大生」こと阿部幸大氏はこういう。(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55353)
中卒の母親と小学校中退の父親という両親のもとに生まれ、一人息子を東京の大学に通わせるだけの経済的な余裕はある家庭に育った。
続編で明らかになったように「底辺校出身の東大生」の父は1925年(大正14年)国後島の生まれだそうだ。ところが益田甫さんの当時の国後島を描いた随筆にもあるように、国後島は東京からの移住者が居た。猪谷千春さんの父・猪谷六合雄さんも移住してきている。つまり、国後島はどこからか移住してきた人が多かったはずである。そういう人たちが意識高い系コミュニティを形成していたはずで、国の出先機関も複数あったようだ。

阿部幸大氏の父親も他の地域からの移住者ではないか。
ところが、阿部幸大氏はそれを全く書かないのですね。まるで日本の平均的な田舎みたいに思わせようとしている。

それから、阿部幸大氏は1987年(昭和62年)生まれだそうだが、父親の年はこの年実に62歳である。この年で第一子誕生というのはかなりレアケースではないか。父親の第一子誕生時の平均年齢は晩婚化が進んだ2016年ですら32.8歳である。昭和の頃はもっと早かったはずだ。

上に兄弟姉妹が居た可能性が高いのではないか。

https://allabout.co.jp/gm/gc/188784/
父親の第一子誕生時の平均年齢は32.8歳(2016年) 父親の第1子誕生時の平均年齢は32.8歳でした。つまり、パパは2歳くらい年上、というご夫婦が多いようですね。二人目出産、三人目出産の父親平均年齢は、それぞれ34.5歳、35.5歳でした
そして、国後島はご存知の通りソ連に占領され、1948年(昭和23年)までに日本人は北海道に強制送還されてしまった。阿部幸大氏の父もその時釧路に移住したのだろうが、この時に鳥取中学校の校区内に住み着いた理由が謎である。なぜか。

この地域は、明治時代に鳥取藩士が集団移住してきたところなのである。

縁もゆかりもない人が突然国後島から帰ってきて住み着くのは不自然である。

阿部幸大氏の父は鳥取に縁がある人だったのではないか。いや、ひょっとすると鳥取藩士の末裔ではないか。だとすれば文化資本の蓄積が他とは違うはずである。