バーチャルユーチューバー・鳩羽つぐについては、ネット上でいろいろな考察が出ているが、どういうわけか「西荻窪に住んでいます」という彼女のセリフと、彼女の服装から当然出てくるだろう考察がネット上で全く出てこないのはフシギである。

松本清張とか意外と今は知られていないのだろうか。

西荻窪と言えば東京都杉並区の廃止地名、そして杉並区の昭和の未解決事件と言えば1959年(昭和34年)に起きた善福寺川殺人事件(BOACスチュワーデス殺人事件)だと思うんですけどね。

BOACスチュワーデス殺人事件というのは、1959年(昭和34年)3月10日の午前7時40分頃に当時27歳のスチュワーデス(現在のキャビンアテンダント)の女性が杉並区善福寺川で遺体で発見された事件で、死因が他殺だったことから当時は大騒動になった。

重要参考人が取調べ中に病気療養のため出国しており未解決事件となっている。

BOACスチュワーデス殺人事件

松本清張の『黒い福音』のモデルになった事件であり、『松本清張 黒い福音〜国際線スチュワーデス殺人事件〜』として2014年にテレビ朝日でドラマ化されている。 鳩羽つぐちゃんの服装は白と黒の喪服を思わせるものであるし、更にどことなく昭和のスチュワーデスぽいように思うんですよね。

バーチャルユーチューバーはもちろん造り手がいるわけで、多分この事件をモチーフにしているのかなあと思うんですけどね。