http://agora-web.jp/archives/2033227.html
魚拓 https://megalodon.jp/2018-0617-2315-51/agora-web.jp/archives/2033227.html

おかしな点が多いように思う。

①江戸時代の「美点」とされているものは関ケ原以前からあったものばかり

>日本の民度が高いなどと言うことは、魏志倭人伝にすでに出ている。また、仮名をほとんどの人が読み>書きするというのはザビエルの報告にあるのだから、江戸時代の功績ではない。むしろ、安土桃山時代>の日本は世界の先進国だったが、江戸時代後半になると世界から落伍した三流国になっていた。

魏志倭人伝はあてにならない史料だというのは岡田英弘氏らの主張でかなり受け入れられているはずで、それを根拠にするのは正直苦しいと思う。ザビエルの報告は薩摩と長州という当時の先進地域の住民の話だし、日本全体で見ればどうなのだろうか。
むしろ、安土桃山時代の日本は世界の先進国だったが、江戸時代後半になると世界から落伍した三流国になっていた。」の根拠も良くわからない。一橋大学の高島正憲氏の研究だと

成長の画期は中世後期,近世前期および後期にみられ,戦国期の大名領国支配期,徳川幕府の成立による社会経済の安定期,プロト工業化と農村工業によ る市場の発展期と,それぞれ異なった条件下による経済成長がおこっている。」

としている。(https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/28172/1/eco020201600404.pdf)

>戦後史観では明治日本をけないしたいから、その成果を強調するために江戸時代の日本も悪くなかったと言いたい。

まず誤字、「けなしたいから」だと思うが。
「戦後史観」も良くわからない。戦後すぐに書かれた羽仁五郎の「明治維新」(岩波新書)は江戸時代を暗黒時代のように書いている本なのだが。

武士道とか陽明学とかは江戸時代に現代人が理解しているような形では普及しておらず、明治になって創り上げられたものだが、あたかもそういうものが、江戸時代から合ったような錯覚がある。

また誤字である。「有ったような」でしょうね。この媒体は校閲がないのだろうか。
陽明学については二松学舎大学が江戸時代の各藩の陽明学者の叢書を出しているのだがご存じないのだろうか。
武士道についても笠谷和比古氏の研究を見た形跡がない。あれを見る限りかなり地方の藩でも武士道らしき考え方があるように思うのですが。

元なんとか藩士だったとか家老だったとか言うのは、極めて高い割合で嘘で、足軽だったとか親戚のことだったりする。

これも根拠があるのだろうか。どうも、元武士の人たちへの名誉毀損のような気がするのだが。

偽藩校の高校などが多い

>東京での栄達ができなかった武士の多くは教師などになって藩政時代への憬れを語った。また、公立>高校などで本当は関係ないのに藩校の後裔だと称するところが多い。

これも根拠とどこの高校か実名を上げていただきたいところである。