群龍天に在り(webディレクターと歴史好きの雑記帳)

webディレクター兼雑誌記者の松平俊介が書いているブログです。

web技術者・web記者の松平俊介の江戸時代とweb技術についての雑記ブログです。web技術者の傍ら、雑誌記者として各種月刊誌・webメディア『ガジェット通信』に執筆してきました。 webの時事問題や、web制作、ウェブマーケティング、江戸時代史や『江戸しぐさ』批判などが主な執筆範囲。 これまで書いてきた主な記事→http://rensai.jp/author/touryuuuan

見仏拝観

「巣鴨のお地蔵さん」真性寺銅造地蔵菩薩坐像

巣鴨地蔵
(写真は筆者撮影、いつも香華の絶えない巣鴨のお地蔵さん)

「巣鴨のお地蔵さん」というと高岩寺のとげぬき地蔵を連想される方も多いでしょうが、
実はとげぬき地蔵像は秘仏で拝観することが出来ません。
巣鴨にはもう一つのお地蔵さんがおられます。それが「巣鴨・真性寺 銅造地蔵菩薩坐像」
(東京都有形文化財、昭和45年8月3日指定)です。 こちらは開門時間内であればいつでも
参拝することが出来ます。
このお地蔵さんは文化財指定書によれば高さ268センチという巨大な大仏で、江戸の街道の発端に
安置された「江戸六地蔵」の一つです。正徳四年(1714)に鋳物師の太田駿河守正儀が鋳造し、八百屋お七の彼氏と言われた(勿論伝説で史実ではない)地蔵坊正元が発願したものです。

ちょうど巣鴨は旧中山道の発端で、おばあちゃんの原宿として知られる「巣鴨地蔵通り商店街」はちょうど街道筋を走っています。とげぬき地蔵の高岩寺は1891年(明治24年)に湯島から移転してきた寺で、これで巣鴨にお地蔵さんを奉安するお寺が2つあることになりました。一応地元の人達の間では、「巣鴨のお地蔵さん」という時には真性寺銅造地蔵菩薩坐像、「とげぬき地蔵さん」という時には高岩寺本堂(国登録有形文化財)を指していますが、あまり厳密には区別されていないようです。

なお、門前市でやたらに売られている塩大福は、昭和20年頃に地元の商店主が埼玉の郷土銘菓「塩あんびん」を模して作り始めたものが広まったもので、江戸時代からのものではありません。

参考文献)東京都の文化財(東京都・編) 

西新井大師総持寺・大日如来像

P1030517
 東京都足立区の西新井大師・総持寺の境内の片隅におられる江戸時代の大日如来像。
湯殿山の大日如来を勧請した像だそうだ。
 江戸時代の仏像特有の硬さがあるように思われ、非常に厳しい感じのする仏様である。
湯殿山信仰の修験特有の厳しさを表現したのだろうか? 

高野山金剛峯寺成福院・不動明王坐像

RIMG0035
世界遺産・高野山金剛峯寺の子院、成福院(じょうふくいん)の摩尼宝塔(まにほうとう)の本尊、
不動明王の坐像である。特に文化財指定などは受けていないようだが、東寺様の不動明王像として、
非常に精巧かつ丁寧に彫刻されており、東京都にあればまず区文化財クラスの仏像ではなかろうか。
内に秘めた力を感じ、堂々たる風格でしっかりと座っておられる。

 この寺は戦国武将・毛利秀元の菩提寺で、寺に参籠させていただいた折に拝見した
本堂には、毛利の一画三星の紋所が描かれた焼香台などもあった。
 
ギャラリー
  • 「現場の空気を感じれば歴史事実が浮かぶんだ!」原田伊織『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』の謎な箇所
  • 「現場の空気を感じれば歴史事実が浮かぶんだ!」原田伊織『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』の謎な箇所
  • 「現場の空気を感じれば歴史事実が浮かぶんだ!」原田伊織『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』の謎な箇所
  • 徳川将軍家は「王」だった?!ー徳川将軍家に贈られていた漢風諡号の謎~
  • 岩手・中尊寺のわんこそば
  • 岩手・中尊寺のわんこそば
  • 岩手・中尊寺のわんこそば
  • 上野「ちゅら海酒蔵」のチャンプル定食
  • 「巣鴨のお地蔵さん」真性寺銅造地蔵菩薩坐像