群龍天に在り(webディレクターと歴史好きの雑記帳)

webディレクターのすんすけのぶろぐです。

web技術者すんすけの雑記ブログです。

書評

第二十六回文学フリマ東京イベントレポート

午後一時、会場に一歩足を踏み入れた時、正直言って驚いた。

入り口で係の方がバッグを配っていたので「これ、意外と大きいイベントなんだろうか」 と思い、会場の中に入ったらコミケもビックリのスペースがずらりと並んでいた。

私はここまで盛大な催し物だと思わなかったので、この時点で気圧されたというのが正直なところだ。 おまけに駅から歩いていた人は殆ど男性だったので、会場内に女性が多いので益々驚かされた。 普段、広告業界で切った張ったの殺伐とした人生を送っている身としては「伝説の女流文学者が、こんなに!こんなに!」とカルチャーギャップを覚えたものである。周りに小説好きはいても、実作までやっている人は少ないからね。

以下は買った本を中心に。

文学フリマで購入した本11冊を今すべて読み終わった。鬼だったのは全作家協会さん(http://zensakka.world.coocan.jp/ )「全作家短編集」2冊で、一冊に26本くらいの短編が入っている。これは読み切るのが大変であった。 全作家協会の方は「いやー、持って帰るのもナンですからね…これも持っていってよ」と3冊おまけしてくれたのだが、これはありがたいことであった。

この全作家協会さんは元々「全国同人雑誌作家協会」といい、あの丹羽文雄先生が初代会長という同人作家の超老舗である。

腰を抜かしたのは、私の恩師が作中に登場していたことだった。どうも昭和40年代に信州の文芸同人に入っていたらしい。 崎村裕氏の『わが愛のれくいえむ』に出てくる。

この頃の文芸同人はかなりおっかないところだったらしい。

崎村裕氏は「ヨーロッパ旅行中に変わった墓石を見た話を作品に書いたところ、『ものを書く人間が無知をさらけ出すとは何事だ。和辻哲郎の風土を読んだのか!』と編集担当者に大声で言われて口論になった」のだそうである。
今のツイッター批評空間など昭和の文芸に比べれば随分おとなしいものである。

 祖慶實氏の『松平外記異聞』「全作家短編集」第16巻所収)はおそらく文フリに行かなければ巡り会えなかった小説だろう。 おそらく江戸時代の松平外記事件(千代田の刃傷)を扱った最初の小説ではあるまいか。

幕末の幕臣・松平外記忠寛(まつだいら・げき・ただひろ)が文政6年(1823年)、江戸城内で勤務中、同僚のイジメに耐えかねて相手を斬り殺した「松平外記事件」は、私も書こうとしたことがあったがあまりにも陰惨なのでどうにも手がつけられなかった。

祖慶實氏は練達の筆運びでなんとか救いをもたせるような方向と、途中の陰惨な武家社会を見事に描いている。調べたら松竹シナリオ研究所に居られた方のようだ。どうもずば抜けている。

さて、別のサークルに目を転じよう。

湯ノ浦ユウさんの「25th Avenue」はとても優しいメルヘンの小品で、忘れていた子供の頃のあの温かい情景を思い起こさせるものであった。作中の二十四番街、二十五番街は24歳、25歳の象徴なのだろうが、ほとんど美しい詩のような中に、過ぎ去った年の失われた可能性と、まだ見ぬ年の淡い期待が表現されている。これはどう見たって無骨者の私には書けないたぐいの小説であって、湯ノ浦ユウさんの才能がよく表現されていると思う。

清水恵利子さんの「はけない」は、乙女心と好きでもない男からのキモイ行動が描かれており、男の私にはギョッとする内容であった。生活描写も非常にリアリティが有り、あたかも眼前でこれらのことが繰り広げられたような気がしたものであった。すごい女流作家がいるものである。

田直(酔翁)さんの「蓬莱同楽集」は昭和に断絶した漢詩文を復興させる狼煙のような驚くべき一冊で、文学フリマもここまで幅が広いのかと驚かされた。人気美少女ゲームを題材にした漢詩など誠に前代未聞であろう。個人的にほぼ同郷の飯田周庵さんが悲憤されている茨城県の原状など、全く個人的に「そうなんだよ!ほんとうにそうなんだよ!」と思わざるを得なかった。

それにしても、文学フリマもここまで懐が広いイベントであったかとつくづく驚嘆してばかりであった。これまで会を続けられた関係各位には頭が下がる。

拙稿『トンデモ南朝史の系譜』参考文献

と学会様の論集『と学会25thイヤーズ!』(と学会・編、東京キララ社・刊行)に、拙稿 『トンデモ南朝史の系譜』を掲載していただきました。過日行われた「と学会25周年記念大会」にて先行販売されました。もう書店にも並んでいます。是非お買い求めください。




拙稿では、南北朝合一以降の、いわゆる「後南朝」にまつわるトンデモ話「西陣の南帝」「黒田家譜」「江源武鑑」「熊沢天皇」「明治天皇すり替え説」「長州忍者」「大室天皇」「フルベッキ写真」「朝霧の巫女」などについて書かせていただいております。

まあ、昨今Twitterで話題の「田布施システム陰謀論」の入門編というところでしょうか。

読者の方からは「南朝にまつわるトンデモがわかりやすく解説されており面白かった」と声をいただきました。生まれて初めて著書にサインもしたのですがいやー気恥ずかしいこと気恥ずかしいこと。

皆様、是非ご購読いただけましたら幸いでございます。

8月に唐沢俊一先生を始めとすると学会の諸先輩の方々よりお話をいただき、休みを利用して一気に書き上げたものです。
紙幅の都合で参考文献は文中のみ掲載させていただきましたので、この場を借りてそれ以外の文献も記し、学恩に感謝させていただきます。特に原田実先生、森茂暁先生、兵藤裕己先生の論考には多くを学ばせていただきました。

なお、これだけですと面白くないので、本の紹介も少しさせていただきます。

※追記 出版記念イベントで『トンデモ南朝史の系譜・余談』ということで講演?させていただきましたが、それで参考にさせていただいたものも加筆しました。ウィキペディア、辞書のたぐいも多いのですが、流石に省略しました。

原田実『熊沢・長浜・大室・・・・・・「ニセ天皇」かく語りき』(新潮45『総力特集 明治・大正・昭和 皇室10大事件簿』所収、新潮社)
斎藤充功『「フルベッキ写真」の暗号』学研プラス
森茂暁『闇の歴史 後南朝』角川文庫ソフィア
佐藤進一『日本の歴史 南北朝の動乱』中央公論社
皿木喜久『明治という奇跡』展転社
ホームページ『舎人学校』
兵藤裕己『太平記読みの可能性』講談社学術文庫
安藤英男『史伝 黒田如水』学研M文庫
諏訪勝則『黒田官兵衛』中公新書
鈴木幸治&播磨黒田氏研究会ホームページ『播磨黒田氏 黒田官兵衛』
http://www.geocities.jp/kurodazensi/
NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』

原田先生の『熊沢・長浜・大室・・・・・・「ニセ天皇」かく語りき』はこの分野の先駆的文献。生前の大室天皇へのインタビューも入っています(!)

森茂暁先生の『闇の歴史 後南朝』はとにかく面白い。なんといっても「後南朝」というトンデモか伝奇小説のネタにしかなり得ようもないもののに、学術的にアプローチするという姿勢がすごい。専門家の労作です。隆慶一郎とか山田風太郎が好きな人は本当にオススメ。

兵藤裕己先生の『太平記読みの可能性』講談社学術文庫も本当にインタレスティングな本で、もう一つのウラ太平記、講談の『太平記秘伝理尽抄』を世に出したのは兵藤先生のこの研究がもと。井沢元彦さんが『逆説の日本史』で取り上げたのでご存じの方はご存知でしょう。

安藤英男先生の『史伝 黒田如水』学研M文庫は楽しい本で、いわゆる黒田官兵衛がらみの古記録・伝承を現代語訳したもの。これを見つけたときには「なんて便利な本なんだ」と思いましたね、あの難解な黒田家譜にようやくよじ登るきっかけが出来たんですから…黒田官兵衛、中々立派な人だったのだな。ちょっと講談的に、えらくされすぎているところもありますけどね。目薬売りの商人の息子から五十二万石の大藩の藩祖になっただけのことはあります。

諏訪勝則氏の、『黒田官兵衛』中公新書と鈴木幸治氏&播磨黒田氏研究会ホームページ『播磨黒田氏 黒田官兵衛』は黒田官兵衛関係の厳密な考証で、『史伝 黒田如水』に出てくる古記録・伝承の怪しげなところを解明しています。新井白石が黒田藩の黒田官兵衛の系図に疑問視したようなことをいっていたことは諏訪先生の本で知ったのです。鈴木氏の見解と諏訪氏の見解は実は食い違うのです。これは今後の研究課題でしょう。目薬売だった官兵衛の父親(祖父?)の黒田重隆のことはまだまだ謎だらけです。NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』、実は衣装デザインが黒澤和子氏なので、七人の侍の現代版のようでなかなか面白かったです。そういえば主演の官兵衛くん岡田准一氏が結婚されたのですね。相手が島津篤子さんだとは思わなかった。はい、「容儀人に優れてうるはし」い、あおいちゃん(http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E3%81%82%E3%81%8A%E3%81%84)のほうです。



この他、跡部蛮氏、大野芳氏、麻生芳伸編『落語百選』なども参考にさせていただきました。

竹田日恵『後醍醐天皇』明窓出版
鹿島昇『裏切られた三人の天皇』新国民社
宇河弘樹『朝霧の巫女』少年画報社
加治将一『幕末維新の暗号』祥伝社

ご覧の通り、「田布施システム陰謀論」などなど陰謀論系の本です。当否は読んで判断せられよ。

兵藤裕己校注『太平記』岩波書店
新井白石『藩翰譜』吉川半七版・国立国会図書館デジタルコレクション
貝原益軒『黒田家譜』・国立国会図書館デジタルコレクション
司馬貞『補史記・三皇本紀』早稲田大学蔵本
堀田正敦『寛政重修諸家譜』国民図書・国立国会図書館デジタルコレクション
三田村鳶魚解題『柳営婦女伝系』(国書刊行会・「柳営婦女伝叢」所収)国立国会図書館デジタルコレクション

すなわち古記録の類です。

その他・各種ホームページを参考にさせていただきました。ここにあつく御礼申し上げます。

漢籍紹介『通俗二十一史』

前回の「"不運"と"踊"っちまったんだよ的な文体はいつ生じたのか?~『通俗続三国志』・魯迅・吉川英治の流れ
でちょっと触れた、『通俗二十一史』について書いておきたい。これは、江戸時代に書かれた中国の歴史書の翻訳シリーズである。二十一史というと正史の翻訳みたいだが、必ずしもそうではない。
実は『三国志演義』にあやかって出された演義小説及び、日本人の漢学者が演義をまねて書いた「通俗物」と言われる中国歴史小説のシリーズなのであった。

まず、国立国会図書館のデータベースからシリーズの概要を引用しよう。
(http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001676246-00)

1巻 通俗十二朝軍談(李下散人)  通俗列国志 前編-一名・武王軍談(地以立)
第2巻 通俗列国志 後編-一名・呉越軍談(地以立)
通俗漢楚軍談(夢梅軒章峯,称好軒徽庵)
第3巻 通俗西漢紀事(称好軒徽庵) 通俗東漢紀事(称好軒徽庵)
第4,5巻 通俗三国志(湖南文山)
第6巻 通俗続三国志(中村昂然) 通俗戦国策(毛利瑚珀)
第7巻 通俗続後三国志(尾田玄古)
第8巻 通俗南北朝軍談(長崎一鶚) 通俗隋煬帝外史(煙水散人)
第9巻 通俗唐太宗軍鑑(夢梅軒章峯) 通俗唐玄宗軍談(中村昂然)
第10巻 通俗五代軍談(毛利瑚珀) 通俗宋史軍談(尾陽舎松下氏)
第11巻 通俗両国志(入江若水) 通俗宋元軍談(源忠孚) 鴉片戦志-原名海外新話(嶺田楓江)
第12巻 通俗元明軍談(岡島玉成) 通俗明清軍談(著者未詳) 髪賊乱志(曽根俊虎)

このシリーズの中で飛び抜けて有名なのが湖南文山『通俗三国志』で、要するに李卓吾本の『三国志演義』の「超訳」である。高島俊男氏らが指摘するように、忠実な翻訳ではない。ただ、江戸時代にはものすごいベストセラーであった。これに次ぐ人気だったのが『通俗漢楚軍談』で、横山光輝氏の漫画『項羽と劉邦 若き獅子たち』がこれに影響を受けたことでも知られる。

なお、三国与太噺さん が既に触れているように、(夢梅軒章峯、称好軒徽庵、湖南文山は、全員同一人物である。(天龍寺義轍・天龍寺月堂の兄弟)『通俗二十一史』全12巻のうち、実に4巻は天龍寺義轍・天龍寺月堂の兄弟が書いているのだからある意味すごい。日本文学史に残る兄弟作家ではないだろうか。

しかし、こうしてみると三国志、続三国志、続後三国志と「三匹が斬る!」のように三国志が続くのも異様である。日本人にとって中国史=三国志だったのがよく分かる。

なお、 通俗宋元軍談は日本人の漢学者が正史を元にオリジナルで書いた演義とされる。マカロニ・ウエスタンみたいなものだと思うのだが、どうも『元史』に引きづられたせいか非常におとなしくて中国人ぽいチンギスハンが登場するんだよなあ。
ギャラリー
  • 考察・鳩羽つぐ~昭和未解決事件説を追う~
  • ボナンザに勝った
  • Q&A 原田伊織のサムライエッセー批判まとめ(『明治維新という過ち』批判)
  • 「現場の空気を感じれば歴史事実が浮かぶんだ!」原田伊織『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』の謎な箇所
  • 「現場の空気を感じれば歴史事実が浮かぶんだ!」原田伊織『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』の謎な箇所
  • 「現場の空気を感じれば歴史事実が浮かぶんだ!」原田伊織『明治維新という過ち』『官賊と幕臣たち』の謎な箇所
  • 徳川将軍家は「王」だった?!ー徳川将軍家に贈られていた漢風諡号の謎~
  • 岩手・中尊寺のわんこそば
  • 岩手・中尊寺のわんこそば
QRコード
QRコード